レスポンシブ

当たり前のことを名言っぽい言い回しにすると心に刺さる深イイ名言になる!ドン!

トレンド

こんにちは!

今回は名言・格言シリーズ!

世にある名言と呼ばれる言葉の数々。中にはこれって意外と普通の事言ってね?という言葉もありますよね。

例えば、

月に行こうという目的があったから、アポロは月に行けた。飛行機を改良した結果、月に行けたわけではない

 

この言葉は楽天の三木谷社長がアポロについて語ったものです。素晴らしい名言ですね。でもどうでしょう?

考えると割と当たり前のように感じませんか?私たち受け手側がこの言葉の奥底にある深い意味を考え、理解して、そして納得出来た時にその言葉は名言になっているのではないでしょうか?

 

上の例で挙げたような名言を名言に至らしめる要因は受け手側にもあるのだと私は考えています。

 

ならば私が適当に思いついたペラッペラの当たり前の事をあたかも名言かのような言い回しにする事で、誰かの心に刺さる名言になるのではないかと思うのです。

という事でやってみよう!!

当たり前の事を名言にしてみよう!

名言・格言っぽい言い回しについて考える

では世にある名言の言い回しの特徴といえばどんなものがあるでしょうか?

  • 〇〇は××だ。だが〜ではない。
  • 〇〇は××だ。なぜなら〜だからだ。
  • 〇〇は××ではない。だとしたら〜だ。

こんな感じでしょうか?

海外の名言を日本語に訳すとこんなパターンになる事が多いかと思います。

上記の〇〇や××、〜に当たり前の言葉を当てはめても名言とか格言のように聞こえると思うのです。

あとは〜だ。という語尾に

  • でしょう?
  • だろう。
  • に違いない。

などを入れてみると更に名言っぽさが出て面白いかもしれません。

堂々と当たり前のことを言うのが真理。そんな気がしてきました。

名言っぽいものを作ってみる

という事で、上記を踏まえて名言っぽいものを作ってみよう!

 

“この闘争は我々が勝利した!つまり我々が勝者だ!”

 

“ホッチキスは便利だ。けれど、忘れてはいけないよ。芯がないと意味がないんだ。”

 

“ジョーカーは最後まで手元に置いておかない方がいいでしょう?特にババ抜きの場合は。”

 

赤ピーマンとは言うけれど、緑パプリカとは言わないでしょう?だって語呂が悪いものね。

 

エレベーターの流れに逆らうのはしんどいし、何より目立つ。

 

上記の言い回しに更肉付けを行う事で、より名言、格言っぽさが増しますね。

 

えっ!名言ぽくない?!そうですか…。

感想

一万円札はみんなが一万円の価値があると思っているから一万円の価値があるんです。

名言もお金と同じように、みんなが名言だと思うから名言になっているんです。きっと。

名言の事を金言とか言ったりするし。(金言の金はオカネの意味ではないけど。)

今回私が適当に考えた言葉が誰かの胸に残る名言になるかもしれないと思うとワクワクしますね。

残念ながら私の胸には刺さりませんでしたけど。

 

やっぱり名言と呼ばれる為には、話す人自身も重要ですね。やっぱり見知らぬおっさんよりもアメリカの大統領が言った方が言葉に重みがあるし。

私も言葉に重みがある人間になりたいと思います。頑張ります。

 

最後に一つ誰かの名言を。

セクハラは何をされたかではなく誰にされたかが1番重要なのだ。

ハウダニットよりフーダニット。これ真理。

 

コメント