レスポンシブ

グッときたキャッチコピー 映画編

トレンド

こんにちは!

ようやく梅雨らしい天候の日が増えてきまして、一安心しております。

しかし暑いですね(^^;湿気と合わさって非常に過ごしにくい日々ですが、体調に気をつけて過ごしましょう!

さて今回もグッときたキャッチコピーですが、今回は映画のキャッチコピーを集めてみました!

グッときた映画のキャッチコピー!

全員悪人

北野武監督作品のアウトレイジのキャッチコピーです。

あのど迫力のポスターにデカデカと書かれた『全員悪人』の文字はインパクトありました。

私はショッキングピンクとブラックの組み合わせといえば、アヴリル・ラヴィーンを真っ先に思い浮かべていたのですが、その王座を見事に奪い去ったのが、アウトレイジです。

映画にはバイオレンスの中にコミカルさもあって、魅力的な作品でした。

キャッチコピー通り全員悪人だったのが、気持ちよかったですね!

ちなみに続編のアウトレイジビヨンドのキャッチコピーは、『全員悪人 完結。』だったんですが、今年の10月7日からアウトレイジ最終章が公開されます。

完結ちゃうんかいという野暮なツッコミは置いといて、今から公開が待ち遠しいです!

戦争で傷つくのは、いつも青春

プラトーンのキャッチコピーです。

うーん。戦争と言うものの悲惨さ、無情さを表しているキャッチコピーだと思います。

戦争で肉体が傷つく事もあるでしょうが、内面的な部分、しかも人生の一瞬である貴重な青春が傷つくという事に、ハッとさせられる深いキャッチコピーですね。

もちろん私も戦争を経験しておりませんので、一体どれほどの苦痛だったのか推し量る事は出来ません。

それでも戦争で青春を傷つけられた方々がいるという事にはとても心が痛む思いです。

犬絶賛

いいですね!これ!大絶賛に点を1つ足しただけのキャッチコピーです。101匹ワンちゃんの続編102のキャッチコピーで、内容は置いといてこんな感じのキャッチコピーもありですね!

犬が出てくる事もわかるし、まぁ続編なんで出てくる事はキャッチコピーなくてもわかりますけどね。

余命6ヶ月、一生分笑う。

最高の人生の見つけ方のキャッチコピーです。

私はこの映画がすごく好きなので、強引に選出しましたよ。

映画の内容が素晴らしいのでキャッチコピーは若干霞んでしまいますが、どんな映画かわかるので、きっといいキャッチコピーですよね。

とても温かなモーガンフリーマンとジャックニコルソンのコンビでした。この映画にはラストに特別などんでん返しもないんですが、この映画に関してはそんな物は必要ないですね。悲しい死を描くのではなく、前向きな死を描いた爽やかなラストに感動しました。他の映画とは違う死の描き方が今でも印象に残っています。

いやぁーいい映画ですよ。

日本よ。これが映画だ。

アニメ以外の邦画の低調を嘲笑うかのような挑発的なアベンジャーズのキャッチコピー。

迷いましたけど、インパクトはかなりあったので一応入れておきました。

私はアベンジャーズ見てないんですよ(^^;

その後色々パロディが生まれましたが、中でもプロ野球交流戦の『セ界よ。これがパリーグだ。』にはクスッと来ました。

言葉の掛け方も秀逸で、セリーグの立場からしたら言われても仕方ないフレーズでしたね(^^;

なんであんなにパリーグは強いんでしょうか?謎です(^^;

まとめ

今回は映画のキャッチコピーを集めましたが、私にグッとくるのは映画を観た後ですね。観てない映画も挙げてますけどインパクトがあったものを選びました。

キャッチコピーは色々ありますけど、やっぱりシンプルな方が私は好きです。

それは商品でもゲームでも映画でも変わりません。

でも何故かもののけ姫の”生きろ。”には全く心が動きませんでした。私の感性に欠陥があるのでしょうか?

キャッチコピーつぎは何にしようかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました