レスポンシブ

アルファベット達のバトル漫画!完結編

トレンド

こんにちは!

もしアルファベット達のバトル漫画があったらどんなキャラになるだろう?完結編です。

アルファベット達の熱いバトル漫画!完結編!

前回のまとめ

登場人物一覧

主人公サイド

  • K…主人公
  • J…ライバル
  • B…仲間
  • S…強敵だったが後に仲間
  • Q…主人公達の師匠

敵さん達

  • C…初の強敵
  • D、E、F…悪いトリオ
  • R…次の強敵
  • G…Sのせいで霞む強敵
  • H…オネェの敵
  • T…マッドサイエンティスト
  • L…ウエスタンかぶれの陽気な敵
  • M…悪役覆面レスラー
  • O…暗黒面に堕ちたQの元弟子
  • P…残忍な少女
  • U…理論派の変なヤツ

ちなみに残りのやつら

  • A
  • N
  • I
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

では残りをいってみよう!

Sのライバル:A

私の中ではAはやっぱり特別なアルファベットなので、強キャラですね。

トランプのエースであったり、社会での評価などでも1番上の評価として扱われる事が多いですよね。ゲームなんかだとその上にSがあったりする事が多いですが(^^;

AはSに一歩及ばないキャラで、JとKに似た関係性を持ってそう。

そんなこんなで戦った後に仲間になるキャラ。

立ち位置が掴みにくいキャラ:N

ハンターハンターのヒソカのような、何がしたいのか掴みにくいキャラかな?

仲間かと思ったらスグに裏切ったりするキャラ。しかも強い。

自分の美学に忠実に生きるキャラのイメージです。

何かこうZを90度させたようなNの見た目から強キャラ感を感じますし、neutralのNなのでとりあえず中立というイメージがあるのかもしれません。

でも漫画的にはこういうキャラ出してしまうと後半の扱いに困るんですよね。多分(^^;

誰かの噛ませ犬にはしたくないけど結局そうなってしまいそうです。

最終決戦の予兆を感じさせる:I

IとTの左右対称かつシンプルな見た目から未来的な雰囲気を感じます。

未来的という事でTはマッドサイエンティストにしましたが、Iは機械的な生命体の雰囲気のキャラを想像しました。

Iに関しては特例で小文字で表記したいくらいです。という事でIの量産型のiも出てくると思います。

Iを製造した奴らの世界征服計画を知る主人公一行!いかに?

みたいな流れでいきましょう!

この頃には掲載ページはかなり後半になっている事でしょう。風呂敷はそれ程広げてないし大丈夫!綺麗に畳む時間はあると思います。

アルファベット四天王:V、W、X、Y

結局こうなるかなーと思います。

戦闘狂。でもアホの子:V

Vといえば結構いいイメージを持つアルファベットであります。しかも見た目もシャープでクール。

VENUSがVICTORYでVサイン!ポジティブなイメージのオンパレードです。

 

私が考えたキャラとしては、

強いヤツと戦いてぇ。どん!

が口癖の真っ直ぐでアホの子。見た目は少年ぽい感じ。ワンピースのルフィの性格がイメージに近いです。Vだけに電気使えます。

Iの製造には一切関わらず、純粋に強さだけで四天王に選ばれた存在。

お察しの通り倒したらやっぱり仲間になるんですよね。

Vの2倍の強さとか言っちゃう:W

WにMとは違う雰囲気を感じずにはいられません。

見た目もまさにWINGといった感じでMとは違ってカッコいいと思います。Wってる=WINGですからね。Vを2つ並べたようにも見えます。

日本では2倍という意味で使われることも多いですね。(海外も同じなのでしょうか?)

以上を踏まえて私が考えたキャラは、知的で尊大なキャラ。メガネは掛けてます。計画にも大きく関わっているキャラ。

決戦前には、

いいんですか?私はVの倍は強いですよ。

という発言を間違いなくさせます。見た目もそんな感じだし。

なんやかんやそれなりに苦戦しつつもK、B、S、A、Vの5人で倒します。

ここからいよいよ正念場:X

Xって見た目にも不思議なアルファベットで、ど真ん中で綺麗に交差してるんですよね。

そもそも線が交差しているアルファベット自体が少なくて、QとXしかありません。なので強キャラなのは間違いないです。

なので私はQを師匠ポジションという美味しいポジションに据えました。

更にXは何かわからない人物、モノ、数字などの代わりに使われる事もあります。

しかもXYZと言えば、ABCと同じように3つで括られる事が多く、そこからXからは別次元なんだぞ!という伏線を張っておいて読者をなんとか引きつけます。

その頃には掲載ページもピュ〜と吹くジャガーの1つ前位になってるでしょうから(^^;

とにかくXは別次元の強さなので、主人公サイドは一瞬で敗北。BとSは打倒XをK達に託し、K達を逃す為に自ら犠牲になりやられてしまいます。

傷心し絶望したKですがVやAの叱咤を受け、更なる飛躍を目指してQの元を尋ねます。なんとそこには先に修行していたJの姿が!

シナリオはこんな感じで。

QによってKの出生の秘密が語られ、更に修行の成果でパワーアップしてなんか主人公補正が掛かってXを倒しちゃうみたいな感じでいきましょう。

出生の秘密は考えてませんけど、付け焼き刃だとどんな秘密にしても後付けと言わるでしょうね。もしくは編集のテコ入れ?なので、伏線は初めから張っときましょう。

えっ?地味!:Y

Xとの激闘の後にびっくりするくらい地味なYの登場です。

Yというと何かと省かれる可哀想なアルファベットです。目立つXとZに挟まれたのが運の尽きでしょうか?

ロックマンとゼロでXとZ。

モンハンのG級装備もX、Z。

ガンダムに至ってはV、W、X、Yを飛ばしてZとガンダムが存在するんですよね。何故Yを飛ばす!!

確かにYと言えばこんなイメージというのは具体的には浮かびません(^^;

ただ最後から2番目というだけで今の地位がある、そんな気がします。

でも見た目は結構好きです。

 

なので、Xより強いはずなんですが、読者を惹きつけるカリスマ性ではXには遠く及ばないキャラ。

主人公達はXを倒すときはボロ負けしてから修行を経て倒すのに対して、Yにはそんなイベントもなく割とすぐに倒されてしまうキャラ。

という事で四天王の最後を飾るYですが、衝撃の事実としてラスボスに手駒として扱われていた事が明らかになり最後まで可哀想な扱いをされるY。そんなありがちなシナリオでいきましょう!

ラスボス:Z

最強最悪のラスボスはやはりZになります。アルファベットの最後に位置するという事で大物感が半端ないというのが理由です。

Zは最後に相応しく圧倒的な強さで主人公達を苦しめますが、主人公がみんなの思いを受けて覚醒して、遂にZは負けます。

そして平和な日常になった世界でKとJが決着を付けようとして…完

ご愛読ありがとうございました!

こんな感じで。

まとめ

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

無事に、

俺たちの戦いはこれからだ!

もなく完走する事が出来ました。もし本当にこの漫画があるならばソードマスターヤマトのように一気に風呂敷を畳む事になりそうです。

 

改めて思ったのがアルファベットのKの見た目は他とは違う特別な印象です。

アルファベットの中でも極めて歪な構成なので主人公に相応しいと思ってます。K’を知らなくてもそう思ったと思います。

ただ1つ言える事はこんな漫画があっても、まぁ読まないって事なんですけどね(^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました