レスポンシブ

妙に心に残るコピペ

トレンド

こんにちは!

今回は妙に心にくるコピペを集めてみました。

100ユーロが救った町

ときは8月、黒海沿岸の町。雨にぬれる小さな町は活気がなく、すっかり寂れていた。
人々は借金を抱えて苦しい生活をしているのだ。

その町へ、一人の旅人がやってきた。そして町に一つしかないホテルに入ると、受付のカウンターに100ユーロ紙幣を置き、部屋を選ぶために2階へ上がって行った。

ホテルの主人は100ユーロ紙幣をひっつかんで、借金返済のために肉屋へ走った。

肉屋は同じ紙幣を持って養豚業者へ走り、100ユーロの借金を返した。

養豚業者はその紙幣を握ると、つけにしてある餌代と燃料代を払うために販売業者に走った。

販売業者は100ユーロ紙幣を手にすると、この厳しいご時世にもかかわらず、つけでお相手をしてくれる町の遊女に返そうと彼女のもとに走った。

遊女は100ユーロ紙幣を懐にしてホテルに走り、たびたびカモを連れこんだホテルに借りていた部屋代を返済した。

ホテルの主人は、その100ユーロを受け取ると、紙幣をカウンターの元の位置に置いた。

ちょうどそのとき、部屋をチェックして2階から降りてきた旅人が、どの部屋も気に入らないと云って100ユーロ紙幣をポケットにしまいこみ、町を出て行った。

誰も稼いでないけど、町中の誰もが借金を返し終わり、町は活気を取り戻した。

手品じゃないけど不思議な話。

上のコピペを読んだ後お金って何だろうと少し奇妙な気持ちになりました。

同じ100ユーロ紙幣が一周回っただけなのに、みんなが100ユーロの借金やツケを返済しているのです。

簡単にまとめると、旅人→ホテル→肉屋→養豚業者→販売業者→遊女→ホテル→旅人の流れで100ユーロが周っていったのです。

最初にホテルの主人は旅人のお金を勝手に拝借したわけですが、その主人のお陰で100ユーロの紙幣が巡り巡って500ユーロの価値を生み出したのです。

しかもすごい所はこの話では誰も一切稼いでないのです。結局は旅人もお金を使う事なく町から出ていましたし。

それなのに借金は無くなったのです。

町に活気が戻ったのです。

そんな妙に心に来る不思議な話です。

とにもかくにもこの旅人はいちいち部屋をチェックし過ぎじゃないかと思いますけどね。

アヒルに気をつけよう

3人の女性が事故で昇天した。天国に行くと、3人は門番のセントピーターから
「天国には一つだけ掟があります。アヒルを踏んではいけない、ということです」
と注意をうけて中に入った。

案の定、いたる所にアヒルがいた。とてもアヒルを踏まずには歩けないほどだった。

細心の注意を払いながらも、3人の一人がついうっかり一羽のアヒルを
踏んでしまった。

するとセントピーターが、彼女が今までに見たこともない醜い男を連れてやってきた。彼はその男と女性を鎖に繋いでから理由を説明した。
「アヒルを踏んだ罰として、この男と永遠に鎖に繋がれることになります」

翌日2番目の女性もアヒルを踏んでしまった。するとセントピーターが、極め付きの醜男を連れてキッチリやってきた。最初の女性と同じようにセントピーターは女性と男を鎖に繋いで、同じ説明をした。

3番目の女性はこの顛末をつぶさに見ていたので、醜い男なんぞと一緒に鎖に括りつけられて永遠に過ごす羽目にならぬよう、足の運びには精一杯気をつけた。

彼女が何とかアヒルを踏まずに数ヶ月が過ぎたころのある日、セントピーターが今までに出会ったこともないハンサムな男を引き連れてやってきた。

男は背が 高く、長い睫毛をした、筋骨逞しく、細身だった。セントピーターは何も言わずに
二人を鎖に括りつけた。

女性は怪訝な面持ちでつぶやいた。
「私が貴方と一緒に鎖に括られるような、何か褒められるようなことをしたのかしら」

それに男が答えた。
「僕は君のことは何も知らないんだけど、ただアヒルを踏んじゃいました」

自分にとっては嬉しい出来事

ジョークのようなオチが秀逸なお話しですね。

初めの2人の女はアヒルを踏んだので、醜い男と永遠に鎖で繋がれました。2人の女が美女か醜女かは関係無いんですね。2人とも罰として醜い男と繋がれたのですから。

醜かろうが、美しかろうが、醜い男と永遠に繋がれるのは誰だって嫌ですからね(^^;

そして最後の女は数ヶ月間アヒルを踏まないように精一杯頑張りました。

するとイケメンが最後の女の前に連れてこられました。

ただ単にイケメンは罰としてその女の前に連れてこられたわけですが、女にとっては嬉しい出来事になりました。

ずっとバカにされる

俺、子供んときに近所の子にプロポーズしたことあるんだけど
そのネタで小学校で「あいつが私にwぷぷぷ」って6年馬鹿にされ、
中学校で3年馬鹿にされ、高校でも3年馬鹿にされ
未だに夕食の時に馬鹿にされる。

心温まる話

ロマンティックでなんとも羨ましいですねー。

その夕食に至るまでには高橋留美子先生が描くラブコメのような話がいっぱいあったのでしょう。

どの時点で付き合いが始まったのか、とか気になりますよね!

まぁその辺は想像で補完しましょう。

コメント