レスポンシブ

最近のキャッチフレーズについて思う事。

トレンド

こんにちは!

今回は私が最近キャッチフレーズに対して感じたり、思った事をつらつらと書いていこうと思っております。

似たようなキャッチフレーズが生まれすぎ問題

まず最初はこの問題について書いていきたいと思います。

歌姫

最近は耳にする機会は減りましたが、少し前までは話題になった女性歌手に、『歌姫』の称号がメディアより与えられました。

『歌姫』が多すぎんよ。と感じていたのは私だけではないはずです!

いつか見た、西野カナさんの『ケータイ世代の歌姫』というキャッチフレーズには少し疑問を感じました。

西野カナさんって歌というより、歌詞で勝負してるタイプのシンガーソングライターさんじゃないのかな?

私は歌姫の定義を知らないので、なんとも言えませんけど(^^;

○○過ぎる●●

あとは、○○過ぎる●●みたいなやつ。

例えば、美人過ぎる女性議員。とかが話題になりましたよね!

そこから色々メディアがフォロワーを生んで、 何でもかんでも美人過ぎるアスリートとか色々な職種に美人過ぎるをつけていきました。

その先にはイケメン過ぎる●●など、沢山の派生種を生み出す結果になったのです。

私はその時に既に思っていました。

確かに美人(イケメン)です。それは間違いない。でも決して過ぎる事はない!と。

そうなんです!紹介された方々は何も悪くありません!!悪いのはキャッチフレーズをつけたメディアやら事務所やら熱狂的なファンなんです。

 

というわけで○○過ぎる●●というキャッチフレーズは沢山生まれたわけですが、中には笑えるのがありましたよ。

可愛過ぎるパンダとかね。

大体のパンダは可愛いやんけ!!

 

そして○○過ぎる●●というフレーズに飽き始めた消費者の気を惹く為、どんどんフレーズのハードルが高くなっていきます。まるでムーアの法則のように。

それでもメディアは○○過ぎる●●という枠組みの中で、インパクトのある言葉の組み合わせを求め続けました。そして行き着いた先が、

天使過ぎる●●

 

 

((((;゚Д゚)))))))

天使過ぎてねーよ。

○○○年に1人の●●

で、○○過ぎる●●のブームはひとまず落ち着き、最近は○○○年に1人の●●というのが流行ってるみたいです。

ちなみに新日の棚橋弘至さんは『100年に1人の逸材』です。そういえば棚橋弘至さんは随分前からそう呼ばれていますね!

 

もう大体の予想はつくけど、100年でもスゴイ期間の長さなのに、どんどんインフレしていくんでしょうね(^^;

現在では既に2万年に1人とかそのレベルに達してるみたいです。

究極だと、

46億年に1人の天使

とかに行き着くんでしょうか?

もし私がアイドルでそんなキャッチフレーズを付けられた日にはプレッシャーで押しつぶされますよ。

46億年に1人のミジンコとかにしといて下さい。

○○の奇跡

大体は○○に都道府県が入ります。

サッカーじゃないんだから笑

最後には47都道府県の奇跡を集めて、JPN47というグループを作って『日本のキセキ』でデビューして下さい。

応援します。

まとめ

なんだか批判的な記事になりましたね。

あんまり批判ばかりする記事は書きたくないですけどね。

以上のキャッチコピーを付けられてしまった方達はプレッシャーに負けずにこれからも活動して下さい!

それにしても霊長類最強の女って素晴らしいキャッチフレーズだよなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました